盛岡西部道院 道院長のご紹介

道院長(指導者)について

各地の道院では、金剛禅総本山少林寺によって指導者として正式に認められた道院長が、責任を持って道院運営・門信徒育成を行っています。
 金剛禅宗門は教えを現代社会に生かすための道であるため、道院長は本職を別に定めたうえで、社会との関わりを持ちながら「自己と他人の成長、そして金剛禅を縁とした人間関係」を最大の喜びとして無償で指導に当たっています。

道院長紹介

道院長 佐藤 正則
中導師 大拳士 五段
道院長の佐藤です。

金剛禅は主たる修行法である少林寺拳法の修練を通じて自己の人間性を高め、さらに他人と共により良い社会をつくることを目的とした団体です。

おかげ様で、大変素晴らしい環境に恵まれ、数多くの仲間たちの支えと指導を頂きながら、少林寺拳法を修行する場として、門下生一同、自己確立、自他共楽の境地を目指して研鑽を積んでおります。

一緒に少林寺拳法を修行することを通して、強い身体と心を養い、お互いに高め合いたいと思います。

皆様のご来訪を心から歓迎いたします。